かくれまどろみ
ハヤテのごとくの感想を中心に、アニメやマンガや小説や日常のことを書いていくブログです

2017/10 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

ブログ内検索
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ベイビーステップ 9 (少年マガジンコミックス)ベイビーステップ 9 (少年マガジンコミックス)
(2009/09/17)
勝木 光

商品詳細を見る


弱虫ペダル 6 (少年チャンピオン・コミックス)弱虫ペダル 6 (少年チャンピオン・コミックス)
(2009/06/08)
渡辺 航

商品詳細を見る


スポーツ漫画はやっぱり面白いですね。面白いけど、ある程度歳重ねてくると、昔あったものと比べてしまうから嫌になってくるんですよね。野球サッカーバスケ…いろいろ出てますもんね。そんな中で久しぶりに面白いなと思って買ってるものが、コレ。
どちらの主人公もスポーツなんかしたことなかったという設定ですが、秀でてる部分があります。ベイビーステップのエーちゃんは、成績優秀で完璧なノートを作ることで有名。地道なことをコツコツ続けることと、まとめることや分析することに秀でてる。始まってしばらくすると眼がいいっていうのも出てくるんだけど。
一方、弱虫ペダルの坂道は、アニ研に入りたかったというオタク少年ですが、小学生の頃から自転車でアキバまで毎週行っていました(千葉からアキバ、往復90キロ)。そのせいで、急な坂道も登れる脚を図らずとも手に入れてました。

こうやって見ると、結局才能があった奴が活躍していくんだろっていう一言で片づけられそうです。偶然の出会いとか、普通ねえだろとかさ。まあ、それはマンガだしね、許して欲しいところです。

簡単に才能があったで片づけられてしまうのもなんですが、個人的に才能というものについて、この2作品を読んで思ったことを書きます。
エーちゃんは勉強を地道にコツコツ続けてきました。テニスを始めてからも、研究熱心な性格がプラスに働き、反省点問題点を見つけながら、コツコツと練習を重ねて次第に上達していきます。
坂道は、アニメやマンガが好きで毎週アキバに自転車で通ってました。ただ、一緒に語らう仲間が欲しかった。そして、偶然にも自転車で仲間が見つかった。自転車という魅力的なものに関わらせてくれた仲間と走るために、練習を重ねていきます。

文章下手だから何言いたいかわかんないけど、「続けること」っていうのは一つの才能なんですよね。勉強得意な人はいても、ノートをみっちり作る人、それを続ける人なんてあまりいないですよね。交通費を浮かせて、その分のお金で欲しいものを買う。そんなことはたまにはありますけど、長距離を人力で走って浮かせる、なおかつそれを続けることなんてできますか?

普通できないですよね。続けたことや、それで培われたものが、結果として選んだスポーツに役立つことになるわけですが、継続性って大事なんだよなぁと、この歳で徐々に思い始めてます。まあ、前から思ってたんですけどね…

坂道ペダルは結局、天才まではいかなくても才能があったってことにはなると思います。でも、それだけで終わらない熱さがあります。負けたくないという思いが伝わってきます。シンプルに熱いマンガだと思います。

ベイビーステップは、エーちゃんが成長していくのが面白い。努力の過程が描かれてるからなのかな?勝っては負けて、そして勝ってを繰り返しながら成長していくエーちゃん。ついでに、ヒロインのナツとはどうなるの?と高校生っぽいラブな展開も若干交えながら続いていきます。


どっちも面白いよ。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sakurairo39.blog32.fc2.com/tb.php/258-21ae28d6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。